きれいな水のある暮らしのために中部パイプライニング名古屋市上下水道指定工事店中部パイプライニング中部パイプライニング

Our works事業内容

排水管更生工法<リビバール工法>

排水管更生工事
とは?

既存の配管を残しつつ、管内の錆や汚れを研磨材で除去した後、耐久性・安全性・衛生面に優れた樹脂加工することで、排水管を再生させる工事です。
更新工事と比べ、短い期間で施工可能で費用を抑えることが出来ます。但し、更生工事に耐えられないほどに劣化した配管では施工出来ません。
施工イメージ
施工前
研磨後
ライニング後
施工前
研磨後
ライニング後
中部パイプライニングの排水管更生工法<リビバール工法の特徴>
  • 01リビバール工法-㈶建築保全センター
    審査証明工法 第1503号
  • 02高圧洗浄と研磨材による管内研磨により
    錆や汚れを確実に除去します。
  • 03ライニングボールによる均一な塗膜の
    形成と他工法比較で優位な1mm以上の塗膜厚を形成します。
  • 04高圧洗浄後、研磨材での研磨後、
    ライニング後に随時全ての管内調査を行うことで品質を向上させます。
排水管更生工法の流れ
  • 内視鏡調査・現場の下見
  • 見積もり提出及び施工方法のご説明
  • 理事会・総会での施工方法
    ・施工金額のご説明
  • 機材搬入・仮設配管の設置
  • 高圧洗浄工事<1日間>
  • 研磨材でのクリーニング
  • 樹脂加工(ライニング)
    <在宅日数全2~3日間>
  • 復旧・通水→工事完了(各種検査)
  • 機材片付け・清掃
  • 報告書提出

これまでの
施工事例

給水・排水管の現状を把握していますか?給水・排水管の現状を把握していますか?